ホーム > 不動産登記

不動産登記

マンション・戸建(土地)・ビル等の不動産の名義変更

マンション・戸建(土地)・ビル等の不動産の名義変更

不動産の名義変更とは?

土地(戸建)、建物(ビル)、マンションを
売買したい!
贈与したい!
交換したい!
など
上記のように不動産を他人に譲渡・販売する際には、不動産の名義変更手続きが必要になります。
その不動産登記の名義変更をみやはら司法書士事務所が代行しておこないます。

不動産という高価な財産を、安心して取引、運用するために専門家に手続きする事をおすすめします。
また名義変更を考えているものの、 手続がわからなくお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

~豆知識~
不動産所有者の方の住所が、不動産取得時の住所と違っている(つまり引っ越して住民票を移動している)場合は、前提として所有者の住所変更登記をしなければなりません。
その際に必要になるのが、住民票ですが、何回か移転している場合は、
不動産取得時の住所から現在の住所まで、連続したものが必要になります。
もし本籍を移してなければ、戸籍の附票(本籍地の市区町村で取得できます)を取れば、
住所の移り変わりが載っていますので、それで足りることになります。

名義変更の費用について

みやはら司法書士事務所の不動産名義変更登記、住所変更登記費用は次のとおりになります。

■名義変更登記:35,000円~
※売買価格又は不動産価格、不動産個数により加算が発生いたします。

■住所変更登記:10,000円
※申請件数が一件の場合です。

上記の他、登録免許税等に実費については別途のご請求となりますのでご承知ください。
費用やその他疑問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

住宅ローンを完済した場合は

住宅ローンの返済が終わった際には、抵当権の抹消手 続はお早めにされることをお勧めします。
なぜなら、銀行(金融機関)から借入をして不動産を購入した場合、銀行側の担保のため、
不動産には抵当権、もしくは根抵当権という銀行側の権利がついていることがほとんどです。

銀行側の権利を無くすには?
住宅ローンを完済すると抵当権(根抵当権)は無くなります。
ですが、完済して安心していてはいつまでも「抵当権(根抵当権)」の登記は無くなりません。
ローン完済した際は速やかに抵当権(根抵当権)の抹消登記をするのが良いと考えられます。

住宅ローンを完済したけれど、変更手続きをおこなわれていない方へ
特に、不利益をこうむることがあるのかというと、直接的な不利益はありません。
ただし、金融機関から再度書類を取り寄せたり手間が増えることも確かですので、
ローン完済した際は速やかに専門家に手続きの依頼をおこないましょう。

登記変更の費用について

みやはら司法書士事務所での抵当権抹消登記、住所変更登記の費用は下記の通りです。

■抵当権抹消登記
8,400円~
※不動産個数により加算が発生いたします。

■住所変更登記
10,000円~
※申請件数が一件の場合です。
上記の他登録免許税(不動産個数×1,000円)等の実費は別途のご請求となりますので、
ご承知ください。その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。