ホーム > 会社設立

会社設立

会社設立に必要なもの

会社設立に必要なもの

会社を作りたい!と考えてみているものの、どのように作るかとなるとご存じない方が殆どだと思います。簡単な結論から言いますと、会社は登記をして初めて設立されることになります。

当事務所では、あなたに代わって法務局での会社登記などの関係書類の作成・提出をおこないます。

また業種によっては官公庁自治体の許認可が必要な場合もありますので、注意が必要です。代表的な職種として飲食店、喫茶店営業、クリーニング業、理容・美容業、酒類販売、質屋・古物商、建設業、宅地建物取引業、貸駐車場などです。この他にも許認可が必要な職種はありますので、よく注意しなければなりません。

ここでは、株式会社設立に際し、必要最低限の決定事項や書類についてご紹介いたします。

まず始めに決めて頂く大きな事項は次の3つとなります。
1、会社の商号(株式会社〇〇〇など)
2、会社の所在地(会社本社、事務所を置く場所です)
3、事業内容(建設業、不動産業など)

以上を決めて頂いたあと、ご用意していただくものが会社の印鑑(実印)となります。

その他、設立の発起人(設立手続きを行う人、株主となる人)、
役員の人数、会社の形態により若干の差異はありますが、
設立登記に際し、ご用意いただく主な必要書類は次の通りとなります。

・印鑑証明書(発起人となられる方全員のもの)
・印鑑証明書(取締役になられる方全員のもの、取締役会を置く場合は代表取締役のもの)
・資本金を払い込む予定の発起人の通帳口座となります。

その後、作成した必要書類に実印を押していただくことになります。

設立の簡単な流れ

○会社商号、所在場所、目的の決定

○ 会社実印の作成

○ 定款の作成・認証(公証役場にて認証してもらいます)

○資本金の払い込み(発起人の口座に払込します)

○会社設立登記申請(概ね1週間前後で登記されます)
以上が設立登記の簡単な流れです。
表中に定款の認証とありますが、会社の定款は必ず公証人に認証してもらわなければならず、認証費用がかかります。この認証をオンライン、つまりインターネットでやると5万円くらいなのですが、紙申請すると印紙代4万が別途かかります。

当事務所では、オンライン認証をしておりますので、設立費用を抑えることができます。

会社設立の代行費用

みやはら司法書士事務所での会社設立登記費用は次の通りとなります。
■会社設立パック料金
25万円(設立登録免許税、公証人認証費用含む)
※資本金が2200万円以下に限る

以上、疑問や不明点などございましたら、お気軽にご連絡ください。