ホーム > 自己破産・個人再生

自己破産・個人再生

自己破産とは

自己破産とは

借金の返済が不可能になってしまったときの解決方法が自己破産になります。
自己破産は国が認めた借金ゼロの救済方法です。
任意整理や民事再生が可能なら自己破産をする必要がございません。
一度、ご相談ください。

自己破産をおこなうと自己の持っている財産と、残っている借金を清算する手続きをおこないます。
つまり財産(不動産や高額な保険の解約返戻金など)は手放すことが原則(自己に残せる財産もあります)です。
財産がない場合、又は財産を手放した後、債務を免除してもらう免責決定を受け、借金が0(ゼロ)となります。

自己破産のメリット・デメリット

自己破産の主なメリット・デメリットは次のとおりとなります。

■自己破産のメリット
借金がなくなる
→簡単ですが、最大のメリットです。返済の必要がなくなり、新しいスタートをきることができます。

■自己破産のデメリット
財産を手放すことになる
→高額な財産。例えば不動産、有価証券、年式の新しい車などは、清算されるため手放すことになります。高額なものだけですので、家の中の物すべて失うといったことはありません。

事故歴(ブラックリスト)情報がのる
→信用情報機関に記録されるため、5年から10年は新しくカードを作ったり、ローンを組んだりすることが、非常に困難になります。しかし、一定期間を過ぎると記録は消去されます。

特定の職業に一定期間就けなくなる
→弁護士、司法書士等、警備員、保険の外交員等は免責を受けるまでは制限を受けます。

保証人に請求がいく
→これは破産だけにかかわらず、任意整理、個人再生にも該当する場合があります。

以上が主なメリット・デメリットになります。
世間での破産のイメージは、間違ったものが多く、
例えば選挙権がなくなる、戸籍に載る、子供の進学に影響するなどはすべて間違いです。
正しい破産の知識を身に付けなければ、債務整理をするうえで遠回りすることにもなりかねません。

間違った自己破産の知識

意外に知らない自己破産ホント
一般的に自己破産したら以下のようなイメージを持たれるかと思いますが実際は違います!
・会社に居られなくなる(クビ)
・就職困難になる
・家族や親せきに取り立てがいく
・給料の差し押さえ
・選挙権、年金の受け取り権利がなくなる
・海外旅行にいけなくなる
・免許・戸籍等に自己破産暦が記載される

誤解が多い自己破産ですが実際は違います。
最低限の生活家具や自己破産後の財産など自分手元に残りますので新しい生活を送ることが出来ます。
その他、不安なことございましたらお気軽に事前相談ください。

個人再生とは

個人再生(個人民事再生)とは、自己破産と違い住宅など手元に残したい場合の解決方法です。
ただし、自己破産のように借金が免除される訳ではございません。
個人再生は、現在抱えている借金の額を圧縮して返済する手続きです。
当然、返す手続きですので、安定した収入があるということが前提となります。

そして、一体いくら返すのかというと、次の通りとなります(小規模個人再生の場合)。
・債務を5分の1にした金額
・所持している財産の価格(清算価値、相続財産も含まれます)
・100万円

上記の3点の中の1番高い金額を、基本的に3年間で返すという手続きです。
債務の額が500万円を越えず、財産もあまりない方は、100万円を返せば債務がなくなるというわけです。
ただし、破産と同じように保証人がついている債務又は自分が保証人になっている場合は注意が必要となります。

■個人再生のメリット
・住宅を失わず、この手続きを利用できるということです。
→自己破産と大きく違う点はこれになります。
残っている住宅ローンはそのまま支払い続け、
他の債務だけ圧縮して返済できるというのが個人再生の大きな魅力です。
どうしても家を守りたいとお考えの方は、この手続きを前向きに考えてみるのが良いかもしれません。

■個人再生のデメリット
・自己破産同様に事故歴(ブラックリスト)情報がのる
→信用情報機関に記録されるため、5年から10年は新しくカードを作ったりローンを組んだりすることが、
非常に困難になります。しかし、一定期間を過ぎると記録は消去されます。

破産・個人再生申立書作成の費用

みやはら司法書士事務所に破産・個人再生申立書の作成を依頼すると費用は下記のとおりとなります。

■破産の場合
基本料金:21万円~ ※債権者数、財産によって費用はあがります。その他予納金等実費は別です。
※当事務所では、法律扶助の案内もいたしておりますので、ご相談ください。

■個人再生の場合
住宅ローンがない場合:24万1,500円~
住宅ローンがある場合:26万2,500円~ 
※債権者数によって費用があがります。
※その他予納金等の実費は別。 

わかりにくい事や知りたいことがあれば、お気軽にご連絡ください。